時計のご注文から発送まで・・・

このページでは、皆さんがオーダーされた時計がどのように生まれていくのか、時計のご注文から発送までの流れをお伝えしています。
「セミオーダーって、普通のお店とどう違うんだろう?」「今オーダーした私の時計はどんな風に作られるのかな?」なんていう感じでお楽しみ頂ければ嬉しいです。
なお、下の制作の流れは「ご注文→ 発送まで」となります。さらに詳しく「時計のデザインから」ご覧になりたい方はこちらもどうぞ

時計のご注文

Start:時計のご注文

まずは時計のご注文からスタートです。
普通のお店とは違い、くるき亭の場合、ご注文の時点では「ご注文の時計はまだ世の中に存在していません」。
あなたのオーダーにより、はじめてこの世に生まれることになります。

くるき亭の時計はすべてオリジナルのデザインですから、そもそも「ここにしかない」のですが、加えて「ベルトのカラー」「オプション」などが指定できるセミオーダーですので、さらに「あなただけの特別な時計」となります。

逆をいえば、私達にはちょっと大変です。
皆さんには長く感じられる納期は、私たちにはとても短く感じられます。
ここから私達は納期まで一刻もムダにしないように考えられた制作プロセスに入っていきます。

ご注文受付

Step1:ご注文受付

ご注文を頂いたら、オンラインストアのご注文受付部署で、ご注文の内容を確認します。
「無事にご注文を受付した場合」 → ご注文受付のご連絡(メール+ご注文状況の更新)+アトリエへ制作指示
「何か不備があったりお聞きしたいことがある場合」 → お返事待ちのご連絡(メール+ご注文状況の更新)
を行います。

パーツ制作

Step2:パーツ制作

アトリエに移動されたご注文は、まず、パーツ・金具の作り手がご注文品を確認し、下準備を行い、「制作作業中」のご連絡(メール+ご注文状況の更新)を行います。

そして、ご注文にしたがって、金具・パーツなどの制作を行います。
加工を施したり、塗装を行ったり・・・、レンズを作ったり・・・、レンズを本体につけたり・・・等など、ひとつの時計にはいくつものパーツがありますので、結構大変です。
「塗装や仕上げを行ったら、乾くまで待つ」というような「待ち」の工程もありますので、時間も掛かります。

パーツが揃ったら、ご注文の時計は次の工程に向かいます。

時計の制作

Step3:時計の制作

パーツの制作が終わったら、次は時計の組み立て専門の作り手にご注文が渡ります。
まずは「注文品とパーツが合っているか?」「パーツに異常がないか?」の確認を行い、OKならば、その後、時計の組み立てを行います。

時計は精密機器ですので、様々なことで動かなくなります。
組み立てのミスはもちろんのこと、湿気・磁気などもチェックしつつ、時計を組み立てていきます。

文字盤に時計の針を乗せたり、時計の内部を組み立てたり、裏蓋を閉じたり・・・等など、一口に「時計の組み立て」といっても、たくさんの工程があり、そして、気をつけるところがたくさんあります。

これらの工程を無事に行うと、ここではじめて、時計はその時を刻みはじめることになります。

ベルトの制作

Step4:ベルト制作

次にご注文は「ベルト制作専門の作り手」に移動されます。
ベルト制作に時計が到着したら、まず「時計と注文品が合っているか?」「時計に異常がないか?」の確認を行います。

OKならば、ベルトの制作にとりかかります。
革の切り出し・ベルトへの加工・色付け・縫い(手縫い・ミシン縫い)などをひとつひとつ行っていきます。

ベルトと一口に言っても、様々な漉き具合=厚みの革が必要ですし、様々なパーツが必要ですので、一枚の革からこれらのパーツを切り出し、それらに色をつけ、手縫いもしくは革ミシンで縫い上げ、穴を開けたり、金具をつけたり・・・といった工程が必要となります。

くるき亭の時計はそのベルトのオリジナリティも高く、一見普通に見えるベルトでも「オリジナルの縫い方」「オリジナルのパターン」であることがほとんどで、バングルタイプのベルトにいたっては「もう大変」の一言です。

また、本革ベルトの場合、色つけも手塗りで行っています。
革は一頭1頭異なりますので、色も均等にのるわけではありませんから、「ムラのある世界にひとつのベルト」「経年変化するベルト」になっていきます。その一方で、市販のベルトのように均一の塗りやベッタリとした原色に近い色にすることはできません。
ベルトが完成すると、ここで初めてオーダーを頂いた時計が姿をあらわすことになります。

テスト

Step5:テスト

出来上がった時計はテストに向かいます。
時計の場合、組み立てに不備がある場合、ほとんどすべての場合、24時間以内に異常が現れます。
くるき亭の場合、この時点で48時間以上経っていますので、ここまでで異常が分かることが多いですが、さらにテストをします。
そしてテスト合格の場合はいよいよ発送に向かうことになります。

発送

Step6:発送

いよいよ最後に、発送担当の手にご注文が移動されます。
「ご注文品と現物の時計が合っているか?」「時刻は合っているか?」「狙い以外のキズやヒビなどが入っていないか?」などの最終チェックし、発送を行います。
それと同時に配送伝票番号を記載した「発送完了」のご連絡(メール+ご注文状況の更新)を行います。

以上がオーダーを頂いてから発送までの流れとなります。

作業自体ももちろんですが、塗装を行ったら乾くまで待つ、レンズを作ったら固まるまで待つ・・・等など、実際の作業以外に「待つ」という工程も必要ですので、かなり時間が掛かります。
また、「納期=届く日」ですので、届くまでに「配送」が入る訳ですから、「納期に間に合うように発送」することが必要となります。くるき亭では交通事情なども鑑みて、納期の3日前までには発送できるように頑張っています。

ということで、ご注文→ 制作完了までは1週間ほどしかないことになり、これだけの工程を待つ時間も入れて、一週間でこなすというのは、なかなか褒めて頂けることではないか?と自負しています。
お待ち頂くお客さんには長く感じられると思いますが、納期に遅れるということがないように頑張りますので、今しばらくお待ち下さい。
今日も頑張ります。